時事 英語 英語教育 趣味・楽しみ

【鬼滅の刃】海外での報道と、外国人の反応(リアクション)を見て感情表現の英語を学ぶ💡

こんにちは。hisayosayoです✨
先週(10月16日)から公開された「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」
皆さんはもうご覧になりましたか?私は公開2日目で観に行きました。この人気の凄さを実感したのは、映画館での上映回数と、チケットの売れ行きです。
私がいつも映画を観に行っている近くの映画館では、1日10回の上映があり(こんなの見たことない😲)、公開2日目はどの回でもチケットが取れず(こんなのホントに見たことない😲😲)、違う映画館を探してやっとチケットが取れました。ちなみに子供達は友達と観に行くことになり、フラれた私は、母(69歳)と観に行ったのでした。

この人気ぶりは、ニュースでも日々報道されている通り、公開3日間で既に約46億円という興行収入を叩き出しており、私の予想では、日本で新たな記録を立てるのではないかと思っています。この映画についての魅力を話し出すと、止まりそうにないので😅、ぜひ自分の目で観て下さい。
参考までに私は、もともと漫画(アニメ)などにハマった経験がなく、子供を通じて知ったこの作品は初めて入り込んだ作品となりました。単行本も全て買い、アニメも一気見しました。今回の劇場版の内容は、既に単行本で出ているストーリーの1つです。なので、内容自体はもちろん知っていたのですが、それでもまた何回でも映画館に観に行きたい!というくらいハマっています。

今後まだまだ話題になりそうですね。

ところで、この作品の魅力の1つともいえる、“老若男女に人気”という現象ですが、かのニューヨークタイムズも、日本でのこの爆発的人気を、コロナのパンデミック(流行)とかけて、”パンデミックとは何ぞや?”といった題名で報じています。

(引用記事)
ニューヨークタイムズ

記事によると、

コロナ禍のなか、ファンと映画業界両者が待ちに待っていた作品。そして全ての期待を上回る結果となり、オープニングウィークエンド(公開直後の週末)国内記録の2倍を記録した。更に日本にとって初の記録:他の国々での(オープニングウィークエンドの)映画興行収益を合わせた額を上回った。

 

コロナ禍にありハリウッドでは多額の予算をかける映画を延期しており、それにより競合が少ないこともあるが、このような状況においても多くの人々が映画館に戻っている事実は特別な意味がある。

日本でのコロナ患者の推移や、映画館での対策、政府関係者の見解、映画を観に行った人の意見、更に簡単なストーリー解説なども紹介しています。

さて、今回の劇場版は、海外では2021年公開予定のようです。

ですが、鬼滅の刃自体は、既に単行本、アニメも出ていて多くの海外の人々にも見られています。(海外14の言語に翻訳、33の国と地域で販売)

 

そこで、ストーリーに魅了された人達のリアクションをYouTubeで見つけたので、そのうちの1つを紹介します。この二人の英語は聞きやすいので、ぜひ聞いてみて下さい。(19話:ヒノカミ)

始めの部分はYouTube投稿にあたり、著作権絡みの話題なので、2:32あたりからが本編についてのリアクションになります。

英語は字幕設定である程度見れると思うのですが、自動翻訳にするとちょくちょく意味が分かりづらい箇所があるので要注意です。

動画中の英語表現

  • 2:10 trending on Twitter  ツイッターでバズってる
  • 2:52 getting goose bumps  鳥肌がたっている
  • 3:12 what the heck  一体なに?なんてこった!
  • 3:19 wimp out  怖がる、びびる
  • 3:59 what happened?  何が起こった?何があった?
  • 4:50 hell no   あり得ない、絶対無理
  • 5:40 oh shoot!  しまった!くそっ! (shitの類語)
  • 5:50 no chance at all   勝ち目がない、太刀打ちできない
  • 6:29 knocked out  気を失った、気絶した
  • 7:19 damn  うわっ!くそっ!
  • 7:38 dude すごい、おいおい
  • 8:34 holy cow!  なんてこと!うそだろ!
  • 9:01 freaking crap  ヤバい、なんてこった
  • 10:22 this is legendary  これは伝説的な(作品)だ
  • 11:43 hell of an experience  超ヤべぇ経験

いかがでしたか?

海外の人は感情表現(特に表情)が豊かですよね。

とっさにこういう表現が出ると、英語で映画を観るのも楽しくなりますよ。

くれぐれも、感情的な表現になるので、きれいな言葉ばかりではないです。
(特にshitやhellなど)

使う場合は気をつけて下さいね。

それにしても、海外の人達にも感動を与えているこの作品を日本人として誇りに感じます。

より多くの世界中の人達に見て欲しいですね。

 

コメント等いただけたら嬉しいです。

-時事, 英語, 英語教育, 趣味・楽しみ

© 2021 hisayosayo blog